HIROSHI TOYAMA




home


information

profile

art works

design works

live performance

publications

contact



facebook



intext

softpad



© 2016 hiroshi toyama
all rights reserved.






art works










intext, death of functions
2018
Art Basel Hong Kong (Insights)



グラフィックデザイナーの見増勇介、外山央とプログラマーの真下武久で構成されるインテクストは、文字や映像、音による情報伝達のあり方を捉え直し、言語や文化に関わる普遍的なメッセージを生み出すことに関心を持つアーティストです。彼らが普段たずさわるグラフィクデザインやコンピュータプログラミングの仕事では、人やコンピュータに対して適切な情報を伝達することが求められますが、彼らは情報の内容よりむしろ、情報伝達を支える文字や映像、音そのものに注目すべきメッセージや体験があると考えています。インテクストの作品では、本やディスプレイに独自の加工を施すことで、その内容を読み取れなくする一方、かすかに残る内容の痕跡から、そこに潜む言語や文化、コミュニケーションに関わる普遍的なメッセージを浮かび上がらせます。 形式の中に潜む普遍性 本展示の中心となる作品「dimensional wall」は、様々な国の辞書を裁断し、その断面を撮影、拡大した写真で構成されます。辞書を異なる次元から観測しているようにも見える本作は、その内容を読み取ることはできませんが、断面に残された文字の痕跡から、各国の言語に固有のフォルムやリズムが立ち現われ、言語がもつ普遍的な特徴を直感的に感じ取ることができます。辞書はメンバーが様々な国に渡航した際に入手したものを用いており、日本語、韓国語、英語、ドイツ語、アラビア語など、各言語の違いを体験することができます。私たちは多くの場合、 言語の間に文字や文法、発音の違いがあることは共有していますが、文章を構成する字間や行間、余白などにも言語の特徴があることに気づき、そこに含まれるプリミティブな差異を作品から知ることができます。同様に、彼らの代表作「reading method」は、人類が複数の言語を使うきっかけとなる内容が記された「バベルの塔」の一節を、コンピュータに朗読させます。この作品では、コンピュータは人間が読むように文頭から順に文章を読むわけではなく、字の並びを横断するように読んだり、逆から読んだり、または一行の文字全てを同時に発話するように読みます。このような読み方を人間が行うことは困難であり、コンピュータによるテキストスピーチの機能を用いてはじめて可能になる読み方です。人間は意味を理解しながら朗読を行いますが、コンピュータは与えられたルールに基づいて意味内容を理解しないまま朗読を続けます。しかしながら、スキャナが図像を走査するように朗読が行われることで、文字の上下左右の並び方や、母音や子音の配置、空白の配置、音が重なりあった時のノイズに至るまでが、言語によって異なるということが、極めて直感的に、音の体験として立ち現われてきます。本の中の文章は、人間の読み方に対して最適であるようにデザインされていますが、「reading method」から奏でられる音声からは、そのデザイン的配慮までもが言語や文化固有のものであることを明らかにし、本来のものとは全く異なる視点から、小説の読書体験を提示します。 DEATH OF FUNCTIONS 展示のタイトルである「DEATH OF FUNCTIONS」は、インテクストのメンバーが普段仕事として扱うような、本や映像、音による「適切な情報伝達」に対するアンチテーゼの表明です。現代における情報は、物質よりもはるかに膨大な「消費」の対象であり、個々に伝達される情報の寿命は極端に短く希薄です。近年「ポスト真実」といったキーワードが取りざたされる通り、現代においては情報の質もまた担保はされず、もはや情報は受容する快楽だけに価値が置かれ、社会一般に蔓延しているようにすら思えます。このような情報をめぐる現状に対して、インテクストの作品はメディアの情報伝達、内容伝達の機能を無効化し、より普遍的なメッセージを浮かび上がらせることで、私たちが見る、読む、聞く、触れるとは何かというコミュニケーションの根源的な問題について再考させます。これは現代社会における情報の受容の問題であると同時に、芸術において長らく語られてきた、作品の受容の問題、すなわち美学(感性学)に通底するテーマであり、社会と芸術の両方に新しい視点を提供するものといえます。


Graphic designers Yusuke Mimasu, Hiroshi Toyama and programmer Takehisa Mashimo form intext, reconsidering the present state of text, image and sound media communications, instead giving rise to a universal message in relation to language and culture. Their usual day jobs concerning graphic design or programming requires the mediation of adequate information for humans and computers respectively, but their focal interests lie not in the contents of the mediated information, but rather in the message or experience contained within text, image and sound themselves that help transmit the information. On the one hand, intext’s works obscure the content of books and displays through their own process, while on the other, a hidden universal message in relation to language, culture and communication is brought to the fore from the remaining faint traces of content. A UNIVERSALITY THAT RESIDES WITHIN FORM The focal piece, “dimensional wall”, examines dictionaries from around the world, photographing and enlarging their cross-sections. At first, the work seems to observe a dimensional difference in text. A general characteristics of language itself can be sensed instinctively through the impression of forms and rhythms of each language informed by their cross-sections. The dictionaries used are from the various countries traversed by the artists, and one is able to experience the differences of each language; Japanese, Korean, English, German and Arabic. We are all aware of the differences in letters, grammar and pronunciation between different languages. However, the work allows a more primitive difference to come through in the spacing of the letters, page lines and spaces, where the character of a language can be perceived. Similarly, in their representative work “reading method”, a computer reads out one page of “The Tower of Babel”, which explains why the world’s peoples speak different languages. The computer does not read from the top of the sentence as humans would, but it traverses the page horizontally, or reads backwards, or it reads out all the letters on any given line at once. Comprehension is not required of them in order to carry out the simple rule of reading. However, as it proceeds with a process similar to scanning, the differences from one language to another emerges as instinctive aural experience, through the way the letters are stacked horizontally as well as vertically, the arrangement of vowels and consonants, and the positioning of blanks through to the noise where sounds are layered on top of one another. The prose in books are ultimately designed for our ease of use. However, the sounds that emanate from “reading method” show the extent to which attention to design is inherent to language and culture, proposing a completely different viewpoint of the reading experience. DEATH OF FUNCTIONS The exhibition title, ”DEATH OF FUNCTIONS”, is an anti-thesis of the type of work the members of intext usually encounter; the “adequate communication of information”. Information today deals much less with materiality, and much more with the larger concept of “consumption”. The life-span of information communicated between individuals is short-lived and insignificant. As the recent buzzword of “post-truth” reveals, the quality of information today cannot be assured, and its value lies in the pleasure of information reception, spreading around society as a whole. In this present context, intext’s works counteract the function of media and content communication, revealing a more universal message and thereby pressing us to reconsider the core implications of the communication we see, read, hear and touch. This is a problem in contemporary society where information reception is concerned, and at the same time, it is a recurring theme in the arts; the problems surrounding the reception of artworks is a theme that deeply underpins aesthetics (studies in sensibility). This is hence a proposal for a new viewpoint within both art and society.





intext, growing room
2016
STANDING PINE, Nagoya







intext, vanishing letters
2016
STANDING PINE, Nagoya






intext, reading of method (william cobbett. p124,125)
2015
paper, speaker, digital photo frame
w610xh470mm







intext, printed motion
2015
silk screen on digital photo frame
w468xh288xd38mm






intext, floating types
2011
paper, parametric speaker
w186xh400mm







Gen Kori & Hiroshi Toyama, Flow/Flows
2013
Exhibition & Performance
Shiga Pref. Center for Creation of Art for Citizens





intext, growing room
2012
relation: TONEplant
STANDING PINE, Nagoya






Hiroshi Toyama, perceptions
2008, 2009
photograph


どれだけ微小な瞬間であっても、そこには幅が存在する。

8mmフィルムで記録された映像を紙に定着させることによって写真として提示する。
イメージは映像として記録されたにもかかわらず写真として認識される。
瞬間を切り取り、かつての「現在」を映し出しているように見える1枚の写真にも膨大な時間の経過が記録されている。

感覚から知覚へと移行する過程を体験する。
あたかも存在している「現在」は、主観によってつくられる現象にすぎない。